養育費 支払い いつまで

MENU

養育費の支払いはいつまでなのか

離婚の際に払うことになる養育費。いったい、いつまで支払えば良いのでしょうか。
支払いを受ける側からしても、いつまでもらえるのかという点は気になりますよね。

 

・養育費の支払いはいつまでか
養育費は、子供が経済的に自立するまで支払われるもので、一般的には「子供が20歳になるまで」となっているようです。

 

しかし子供が20歳で経済的に独立するかどうかは、それぞれの家庭の事情によって変わってくると言えるでしょう。

 

もし子供が大学に進学した場合、20歳になってもまだ学生です。
アルバイト程度はしていたとしても、生活をして行けるほどの収入は得ていないでしょう。そのようなケースでは、子供が20歳を過ぎていてもまだ養育費を受け取りたいところではないでしょうか。

 

逆に、高校を卒業して働き始める子供もいます。
その場合、18歳ですでに経済的に自立をしていると言うこともできるのではないでしょうか。
経済的に自立したのなら養育費は払わなくても良いと考えられるかもしれません。

 

しかし、離婚をする時点で子供が小さい場合、大学に行くかどうか、高校を卒業すると同時に働くかどうかまでは予測が付きにくいのが普通でしょう。

 

さらに、子供が成人していても重い病気があったり障害があったりする場合には、20歳になっても養育費が必要となってくるケースもあります。

 

このようにさまざまなケースがありますから、養育費の支払いをいつまでするかというのはそれぞれのご家庭によって異なってくると思っておきましょう。

 

・養育費の支払いでトラブルにならないために
子供が大学まで進学することを考えて22歳までの間養育費を支払うと取り決めてあったけれど、実際には大学に進学できず、高校を卒業して18歳で働き始めた。
このようなケースもあるのではないでしょうか。

 

こうなってくると、支払う側としては納得がいかないかもしれません。
大学に行かないなら今すぐ養育費の支払いをストップしたいと考えるのも無理はありません。

 

逆に、大学には行かせないつもりで子供が20歳になるまで養育費の支払いをすると取り決めてあったけれど、実際には大学に進学した場合や、予備校に通うことになって卒業が延びてしまったという場合もあるでしょう。
その時になってやっぱり養育費の支払いを延期してくれと頼んでも、素直に応じてくれるケースは多くないかもしれません。

 

このような事態をあらかじめ想定し、取り決めをしておくと良いかもしれません。
例えば、大学に進学するなら22歳まで養育費の支払いをするけれど、もし進学できなかった場合には子供が就職した時点で養育費の支払いを終了する、などといった具合にです。
いろいろなケースを想定して、いつまで養育費を支払うか、取り決めをしておくのが良いのではないでしょうか。

 

 

一般的には、養育費の支払いは20歳までとなっているようです。
しかし子供の進学や就職の状況、健康状態などによって変わってくると言えるでしょう。
さまざまなケースを想定し、離婚の際にあらかじめ養育費をいつまで支払うか、取り決めをしておくのがおすすめです。

 

 

 

 

トップページへもどる[←]