養育費 平均相場

MENU

養育費の平均相場はどのくらい?

子供がいる夫婦が離婚をするにあたって、気になるのは「養育費の金額」ではないでしょうか。

 

これは、養育費を受け取る側、支払う側どちらにとっても関心事だと言えるでしょう。

 

やはり離婚をする前の心構えとして、世の中の養育費の相場がどのくらいなのか、知っておきたいというのが本音なのかもしれません。

 

 

子供一人の場合の相場は3万5千円前後
子供が一人の場合の養育費の相場(平均)は、3万5千円前後(2万円〜4万円)といわれているようです。
しかしこれは、支払う側の収入によっても大きく変わってきます。
あくまでも平均的な金額だと思って下さい。

 

例えば年収が250万円くらいの場合、1万円〜2万円程度が相場となっています。もし年収が1千万円くらいあれば、養育費の相場は8万円〜10万円程度となってくるのです。
支払う側(元夫)の年収によって、こんなにも変わってくるものなのですね。

 

子供が二人だから倍になるとは限らない

 

離婚を考えているご夫婦の中には、子供が複数いらっしゃるご家庭も多いことでしょう。
子供一人の養育費の相場が2万円〜4万円程度なら、子供二人の場合には4万円〜8万円になるんだろうなと考えると思います。

 

しかし、現実にはそうとも言えないようです。
子供二人の場合の養育費の相場は、5万円前後(4万円〜6万円)となっているようです。

 

若くして離婚をするともらえる養育費は少ない可能性も

 

養育費に大体の相場はありますが、実際には支払う側と受け取る側の年収によって大きく変わってくると言えます。
ですから、相場がこうだからといって必ずしもその金額をもらえるとは限らないと思っておきましょう。

 

特にお互いにまだ若く、元夫の年収が低い場合には、もらえる養育費が少なくなる傾向にあるようです。

 

最近では、産後2年くらいまでに夫に対する愛情が冷めてしまう「産後クライシス」による離婚も多いと言います。

 

厚生労働省の調査などによれば、離婚した時の子供の年齢で一番多いのが0〜2歳であること分かっています。

 

子供が小さいうちの離婚となれば、まだ夫の年収が低いケースもあるでしょう。
もし離婚をしても、養育費に関してはあまり多くもらえないのが現実だと思っておいた方が良さそうですね。

 

自分たちのケースの相場を知りたい場合は「養育費算定表」を参考に

 

養育費の相場は年収や子供の数などによっても変わってくるものだとお分かり頂けたと思います。

 

自分たちと同じくらいの年収、家族構成のケースでの相場を知りたいと思う方は、裁判所のホームページから見ることができる「養育費算定表」を参考になさってみてはいかがでしょうか。

 

支払う側の年収、受け取る側の年収、子供の数や年齢などによって、どのくらいの養育費が相当なのかが分かるようになっています。
給与所得者、自営業者によっても、相場は変わってくるようですよ。

 

 

養育費は、大体の相場が分からないとなかなか決めにくいのではないでしょうか。
世間の相場や養育費算定表などを参考にして考えていきましょう。